人気ブログランキング |

てくてく散歩道

ojaru715.exblog.jp
ブログトップ

断乳の記録~息子の変化

12月30日から断乳して、1ヶ月経った頃に記録をまとめようかなぁ・・・と思っていましたが、入院騒動でバタバタしていたのですっかり遅くなってしまいました。

昨日に引き続きの徒然記録で、同じく長いです。
まずは、息子の変化について。



断乳について漠然と考えていたのは、7ヶ月頃から。
6ヶ月になる直前から離乳食を始めたものの全く進まず、あまりのおっぱい星人ぶりに「おっぱいを止めないと食べんのとちゃうかなぁ・・・」と思ったのが最初でした。
そして、5ヶ月頃から始まった夜中のグズグズ泣きも要因のひとつ。
春から仕事に復帰するなら、離乳食とグズグズ泣きを何とかせねば私の身がもたない!と思いました。

漠然と考えていた断乳を決意したのは、11ヶ月の半ば頃。
相変わらず食欲がなく、ほぼおっぱいオンリーの状態で、下手をすれば1~2時間おきの夜中のグズグズ泣き&授乳もやはり辛く。(昼間の授乳は3~4時間おき)
おっぱい頼みの生活で断乳が出来るのか不安でしたが、同じような経験をした友人のアドバイスに背中を押されて、断乳を決意。
夫が休みの年末年始を目標に、1ヶ月かけて昼間の授乳量を徐々に減らしつつ(間隔を空け、量も減らす)、添い乳で寝かしつけていたのも止めて、リビングで飲ませた後夫が寝室に連れて行って一緒に寝る(息子が寝た頃に私が寝室に行く)・・・というスタイルに変更。

そして、いざ断乳開始。

12月30日(1歳0ヶ月半)
午後4時の授乳を最後に、断乳。
最後の授乳は夫に写真を撮ってもらったり、ビデオに撮ってもらったりと思い出作りを。
息子にも、「おっぱいとバイバイね」と言い聞かせました。

お風呂&寝かしつけはもちろん夫が担当し、夫が休みの間は私はリビングで寝ることに。
9時半頃に寝室に行った後、15分間くらいは大泣きが聞こえていましたが、思っていたよりあっさり寝たよう。
その後は、深夜12時頃に30分間大泣きして、それ以降も何度かグズグズ泣きをしたそう。(私は爆睡していてグズグズ泣きには気付きませんでした^^;)
でも、覚悟していたよりは寝てくれて、夫も私も一安心。

12月31日
食欲に劇的な変化はなし。(普段よりちょっと食べるかな~くらい)
私はおせち作りに忙しく、息子は夫にべったり。
全体的に機嫌はいい。
夜も、大泣きはなく、グズグズ泣いて何度か起きるくらい。(しばらく背中をさすったら寝たらしい)

1月1日
食欲が出てきた。
食事の時間になると、「お腹空いた!」とばかりに泣く。
今まではそういうアピールはなかったので、とても嬉しい♪
夫の実家でじぃじ&ばぁばに可愛がってもらって、上機嫌。
夜は前日と同じくグズグズ泣き。

1月2日
別人?と思うくらいにめちゃくちゃ食べる。
初売り&私の実家に行って、これまた上機嫌。
夜は同じ。

1月3日
家の片付け&ホームセンターで買い出しをして、ずっと夫にべったり。
かまってもらうと機嫌がいいので、「お腹空いた!」以外に泣くことは特になし。
夜、4日ぶりに私も一緒に寝室で寝る。(すんなり寝付いて、明け方4時~6時頃に何度かグズグズ泣き)

1月4日
夫が出勤して私と二人になると、態度が豹変!!
・・・というか、休みの間は夫が四六時中息子にかまってくれていましたが、二人きりだとそうもいかず、私が家事をしている間ず~~~~~~~っと泣いている。
抱っこやおんぶをすれば泣き止むので、なるべく抱っこかおんぶで生活をする。
断乳後、初めて息子と二人でお風呂に入った。(私はブラジャー着用)

そこから1月13日くらいまでは、同じような感じ。(7~9日は家族旅行で上機嫌)
とにかく私にべったりでないと落ち着きませんでした。
それまでは結構一人遊びが出来る子だっただけに、急激な変化にビックリ。
食欲が増えて、夜もまとめて寝るようになって・・・と断乳の良い成果が出た反面、心の拠り所をなくして相当ストレスだったんだろうなぁと思います。
猛烈な抱っこ攻撃に正直ウンザリでしたが、今息子の心を支えられるのは、とにかく抱っこして愛情を伝えること・・・と思い、家事で手が離せないとき以外はひたすら抱っこしていました。
とはいえ、断乳後で胸が張っているので、長時間の抱っこは辛く。(´A`。)
ここで便利だったのが、コランのおんぶ機能。
これだと胸が圧迫されることもないし、ある程度は家事も出来るし・・・でとても重宝しました。
断乳後の胸の張りやおっぱいケアについては、また別の記事でまとめたいと思います。

1月14日に1歳1ヶ月になって、息子の情緒不安定が落ち着いてきたのもちょうどその頃。
12月30日の断乳から数えれば、約2週間というところでしょうか。
少しずつ私から離れて一人で遊べるようになってきました。
と言っても、以前に比べるとまだまだ甘えたさんですが。(それは今でも)

食欲に関しては本当にびっくりするくらい旺盛になって、とにかく「もっと!もっと!」と食べたがるので、どれくらいが適量なのか未だに掴めず・・・。
とりあえずこんなもんだろうと勝手な目分量で用意しています。(超適当・笑)
先日入院した時にもありがたいことに食欲は衰えず、病院で出る幼児食を8割程度は平らげていました。
これからは、病院で出ていた量を参考にごはんを作ろうっと。

夜寝るのは、眠たいタイミングと上手に合えば、背中をさすりながら寝かしつけて5分くらいで眠ります。
タイミングが合わないときは、寝室に行っても興奮して遊んでいますが、20~30分くらいすると疲れて眠るのが大体のパターン。
夜中に起きることはほとんどなく、明け方4~6時に何度か唸りますが、これもしばらく背中をさすればまた眠ります。(さすらなければ泣き出すので、早目に気付くことが大切^^;)
この明け方の唸りさえなくなれば完璧なんですけれどねぇ・・・な~んて、高望みしすぎ!?

・・・というのが、息子の断乳後の経過です。
結果として、食欲UPに夜もしっかり眠る・・・と息子にとっても親にとっても良い方向に成長してくれました。
約2週間の超べったり期は大変でしたが、おっぱい頼みの生活をしていた割には、すんなりと乳離れ出来たのではないかなぁと思います。
抱っこは求めてきたけれど、おっぱいを求めるという風ではなかったですし。

おそらく、今回の断乳計画で一番良かったのは、夫のヘルプがあったこと。
育児相談会でお世話になっている保健師さんからは「冬場の断乳はお勧めしない」と言われましたが、夫のまとまった休みが年末年始くらいしかないため、敢えてこのタイミングを選びました。
断乳後すぐの一番辛い時期に夫がずっと息子といてくれて、両家のじぃじやばぁばにも可愛がってもらえたのが良かったのではないかなー。
その分、休みが終わった後の反動がすごかったですけれど。^^;
・・・と息子の精神面でのフォローの意味合いもありつつ、何より断乳後すぐは胸が張りまくって母が大変!
痛くて痛くて、3~4日はまともに抱っこすることが出来ませんでした。
というわけで、断乳作戦を決行するには、出来る限り旦那様のヘルプが得られるときをオススメします・・・。
by ojaru_715 | 2012-02-07 10:53 | 息子のこと