人気ブログランキング |

てくてく散歩道

ojaru715.exblog.jp
ブログトップ

お通夜に参列

昨日、夫の大叔母のお通夜に参列しました。

夫は仕事の都合で参列出来なかったので、私と息子とで夫の実家へ向かい、義父母と合流して斎場へ。
すると、「〇ちゃん(私)が一人で来てくれるとは思わんかったわ~。〇君(息子)連れて大変やのにありがとうね~」と義父母がえらく喜んでくれて・・・。
こんなんでも一応は長男の嫁ですから、夫なしでも参列するのは当たり前のことだと思うんですが、義父母の喜び具合に、「そんなに薄情者だと思われているんだろうか、私・・・」とちょっぴり複雑な気分。^^;

何はともあれ。
私は喪服を着るとして、悩んだのが息子の服装。
もちろん喪服なんてものは持っておらず、マナー本によると「赤ちゃんの服装は派手じゃなければよし」とのことでしたが、手持ちの服は大体が色柄もの。
さすがにこれはマズイよな~と慌てて何軒かベビー服売り場を回ってみると、そもそも地味色のベビー服というのが少ないんですね・・・。
黒地のものでもロゴがやたらと派手だったり、「冠婚葬祭用です!」と主張しまくりなデザインだったりで、お値段との兼ね合いも含め気に入ったものがなかなかなく。
あまりにフォーマルすぎても今後着る機会がなさそうだし、高いものは勿体ないし・・・と散々悩んだ末、最後の砦と辿り着いた西松屋で購入しました。
ビバ!西松屋価格!!
b0221508_1810129.jpg

お昼寝しているところを起こして着替えさせたので大泣き。^^;
西松屋で購入した白色のボタンダウンシャツとこげ茶色のベストに、手持ちのグレーのチェック柄ズボンと黒色ハイソックスを合わせました。
これならそれぞれ普段も使えるし、4月の入園式もこれでいけるかな、なんて(笑)。

お通夜の会場では、小さな子供たちはほとんどが普段着姿。
息子は、フォーマルな服装の部類に属していました。
正直、「皆、結構ラフなのね・・・」とびっくりしましたが、きちんとして行って困ることはないですしね。(夫がいないところで、夫や義父母に恥をかかせるわけにはいかないし・・・)

亡くなった大叔母さんは、享年94歳。
お会いしたのは一度だけでしたが、息子を見せると「可愛いねぇ~」と喜んでくださいましたっけ。^^
6人の娘さんとその旦那様、たくさんのお孫さん・ひ孫ちゃん・玄孫ちゃんに囲まれて、大叔母さんのお人柄が偲ばれる温かなお通夜でした。
by ojaru_715 | 2012-02-24 19:31 | 日々